読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jailbreak

新しい世界の切り取り方

iTunesでの音楽仕分けを継続する方法~実践編 その4:歌詞の追加~

広告

 

前回はジャンルの整理法を紹介した。

 

今回も基本的な考え方に沿って進めていく。

基本的な考え方は以下5つ。

 

①一気に全部やろうとしない

②適切なタイミングに必ずやる

③同じことはまとめてやる

④やりっぱなしにする

⑤便利なモノを活用する

 

全行程は以下の通り。

 

1.データをiTunesに取り込む

2.コメントやグループを削除する

3.ID3タグをV.2.4にする

以下、順不同

4-1.ジャンルを修正する

4-2.歌詞をつける

4-3.アートワークをつける

4-4.BPMを追加する

4-5.グループを設定する

4-6.読み仮名を入れる

4-7.評価する

 

 

今回は歌詞の追加方法を紹介する。

 

 

4-2.歌詞をつける

 

 

 ここで必要な考え方は

③同じことはまとめてやる

④やりっぱなしにする

⑤便利なモノを活用する

 

便利なモノは前回紹介した「Lyrics Master」である。

www.kenichimaehashi.com

 

Windows版にはiTunes用Scriptが同胞されており(Mac版は不明)、その中に「歌詞のない曲を集める.js」というスクリプトがある。

 

iTunesを開いた状態で歌詞のない曲を集める.jsを実行すると、歌詞が設定されていない曲のみのプレイリストがiTunesに作成される。

 

ここで曲数が多ければ多いほど時間がかかる。なので、スクリプトを実行したままにして、他の事をする。PCには触らない。

 

スクリプトが終了して、歌詞がない曲のみのプレイリストができたら、Lyrics Masterを連続モードにして、プレイリストを再生する。

連続モードにすると、歌詞を追加したら次の曲へ自動で進めてくれる。

 

ここでも再生しっぱなしにするので、再生したらPCに触らない。

音が鳴るので、PCのスピーカーの音量をゼロにするか、iTunes自体の音量をゼロにして、放置するのが良いだろう。他の事をしよう。

 

頃合いを見て、再生を停止する。

これの繰り返しである。

 

注意点

前回歌詞の無い曲のプレイリストを作っているのであれば、一度削除してからScriptでプレイリストを作成するようにする必要がある

 

 

歌詞の設定について

 

歌詞を追加すると、多少1曲のデータが重くなる。

そのため、iPod等でとにかく曲数を持ちたいという場合はおススメしない。

 

また、歌詞をiPhoneiPodで確認しないのであれば、設定する必要はない。

 

歌詞を追加するメリットは聴いている曲の歌詞をその場で再生しているデヴァイスから確認することができる点だ。

全方位的にデータを補足する意味でも良いのではないかと考える。

 

 

最後に 

 

曲を再生しっぱなしで歌詞がある程度自動で追加されるのなら、歌詞をつけてみてもよいのではないだろうか。

 

あくまで、音楽データを便利に使おうという考えのもと追加している。

必要がないと思うのであれば、その手間を省くこともできる。

 

もう一度音楽をどう聴きたいか考えてみる良いきっかけになれば幸いだ。

 

 

こちらからは以上です。

 

 

Apple iPod touch 32GB ホワイト&シルバー MD720J/A  <第5世代>

Apple iPod touch 32GB ホワイト&シルバー MD720J/A <第5世代>

 

 

Apple iPod classic 160GB ブラック MC297J/A

Apple iPod classic 160GB ブラック MC297J/A

 

 

 合わせて読みたい