読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jailbreak

新しい世界の切り取り方

iTunesでの音楽仕分けを継続する方法~実践編 その5:アートワークの追加~

広告

前回は歌詞の追加を紹介した。

 

 

今回も基本的な考え方に沿って進めていく。

基本的な考え方は以下5つ。

 

①一気に全部やろうとしない

②適切なタイミングに必ずやる

③同じことはまとめてやる

④やりっぱなしにする

⑤便利なモノを活用する

 

全行程は以下の通り。

 

1.データをiTunesに取り込む

2.コメントやグループを削除する

3.ID3タグをV.2.4にする

以下、順不同

4-1.ジャンルを修正する

4-2.歌詞をつける

4-3.アートワークをつける

4-4.BPMを追加する

4-5.グループを設定する

4-6.読み仮名を入れる

4-7.評価する

 

 

 

4-3.アートワークをつける

 

 

 

 ここで必要な考え方は

③同じことはまとめてやる

⑤便利なモノを活用する

 

大前提として、データを選択して右クリックを行い「アルバムアートワークを追加する」を行った上で、手に入らないアートワークの追加である。

 

 

便利なモノは紹介した「Broadway」である。

www.voralent.com

 

iTunesとBroadwayを起動して、BroadwayのARTWARK SEARCHタブを開き、曲を再生すると該当する画像があれば、アートワークへ取り込むことができる。

アートワークの取り込む単位はアルバム単位にするのがよい。

 

また、iTunesのスマートプレイリストでアートワークがない曲を作っておくと対象を探す手間が省ける

 

ただ、アートワークが出ないことがあることと、自動でどんどんアートワークのないアルバムに対してアートワークを追加してくれるわけではないので、この整理の中では時間がかかる作業である。

 

 

アートワーク追加のメリットとデメリット

デメリットはデータのサイズが増えること。

iPodiPhoneの容量は決まっているので、持ち歩ける曲数が減る。

とにかく曲数を持ちたい方には向かない。

 

f:id:DankanTakeshi:20150516190835j:plain

 

メリットは再生中の見た目が非常に良くなることだ。

視覚的にジャケットを確認できることで、より曲に対して身近に感じることができる。

音楽を自分の物にするためには必要ではないだろうか。

特にCDで音楽を買ったことがある方なら、ジャケットと音楽が連想ゲームのように思い浮かぶだろう。

同じ経験をデータであってもできるのだ。

 

最後に

アートワークの追加はCDで音楽を買って聴くことの意味の一つである、ジャケットと音楽の関係性を忘れない為に重要なことである。

 

アートワークの追加で是非とも音楽の芸術性を楽しんでいただきたい。

 

次回はこちら

 

dankantakeshi.hatenablog.com

 

 

 

 

こちらからは以上です。

 

 

Apple iPod touch 32GB ホワイト&シルバー MD720J/A  <第5世代>

Apple iPod touch 32GB ホワイト&シルバー MD720J/A <第5世代>

 

 

Apple iPod classic 160GB ブラック MC297J/A

Apple iPod classic 160GB ブラック MC297J/A

 

 

 合わせて読みたい