読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jailbreak

新しい世界の切り取り方

FIELD OF VIEW~名曲「突然」とビーイング~

広告

 

 

突然

それは1995年のある日、小学生の自分がCMで知った曲。

 

 


大塚製薬 ポカリスエット CM 中山エミリ 1995年 「ダチョウ」篇 - YouTube

 

ポカリスエットのCMは名曲ばかりだが、この曲には個人的な思い入れがある。

そんな個人的な話からFIELD OF VIEWの魅力と音楽までを紹介したい。

 

 

 

初めてレンタルしたCD

 

当時小学校4年生の自分は自分でCDをレンタルしたことがなかった。

なんとなく音楽は聴いていたが、アニメの主題歌やテレビで流れている曲をちょっと口ずさむ程度の自分にとっては、CDレンタルはハードルが高かった。

しかし、1年ほど前に父親がAIWAのCD3枚チェンジャー付きのCD・カセットテープ・ラジオに対応したコンポを購入していたため、CDやカセットテープで音楽を聴く感覚は既に持っていた。

 

ある日、母親と弟と近所の本屋兼レンタルショップに行き、CDをレンタルした。

シングルの棚に並ぶ中で自分が知っている曲は「ポカリスエットCMソング」と書かれたFIELD OF VIEWの突然くらいしかなかった。

 

今考えればJ-POP全盛期でミスチルマイラバスピッツ等も並んでいた気がするが当時はなんせ音楽を知らない小学生。

曲名も知らなければ、アーティスト名で何を歌っている人かなんて分からなかったのだ。

 

そんなこんなで初めてレンタルしたシングル(当然8cmシングル)をこれまた初めて購入した片面120分のカセットテープに録音したのだった。

英語もまともに書けない自分がカセットテープのケースに入っている台紙(背表紙や内容を書く紙)になんとか書き写したのはいい思い出である。

 

1.FIELD OF VIEW 突然

2.FIELD OF VIEW きっと離れていても

3.FIELD OF VIEW 突然(カラオケ)

こんな具合だ。

 

 

ちなみにその時弟が借りた中島みゆきの「旅人の唄」とDIAMANTESの「野茂英雄のテーマ HIDE〜O」が同じテープのA面に入っているところあたりが小学生らしいと今では思える。

それはまた別の話として書くこととしよう。

 

旅人のうた

旅人のうた

 

 

野茂英雄のテーマ HIDE?O(The Hideo Nomo Song)

野茂英雄のテーマ HIDE?O(The Hideo Nomo Song)

 

 

 

 

「突然」のカップリングも名曲

 

「突然」が名曲なのは当然なのだが、そのカップリング曲「きっと離れていても」が名曲なのである。


008. きっと離れていても / FIELD OF VIEW / 1995 - YouTube

 

歌詞的には遠距離恋愛の悲しさを歌っているのだけど、その歌詞の分かりやすさとメロディーや楽曲のもつ雰囲気の良さに当時の小学生の自分は痺れていた。

 

当時のFIELD OF VIEWはUKっぽいロックバンドサウンドにJ-POPらしいポップな楽曲と分かりやすい歌詞が組み合わせられて、聴きやすく耳に残りやすい適度に音圧のあるものとなっており、非常に親しみやすかった。

その分かりやすい例が「突然」と「きっと離れていても」であり、「突然」が陽、「きっと離れていても」が陰と対となっていてシングルにおけるカップリングのあるべき姿の1つを提示している。

 

きっとこの1曲だけで聴いても魅力はそれほど感じなかったのだが、

①当時聴く曲が少なく何度も聴いたこと

②「突然」→「きっと離れていても」の流れを必ず踏んでいたこと

が重なり、これが自分の中のスタンダードとなった。

 

だからこそアルバム1枚を曲順通りに聴くことに意味を感じるようになったのだ。

dankantakeshi.hatenablog.com

 

 

 

FIELD OF VIEWビーイング系

 

 

FIELD OF VIEWはいわゆるビーイング系のアーティストである。

ビーイングといえば、その昔B'zが所属していたり、DEENWANDSZARDT-BOLAN等一時代を築いたアーティストたちが所属した音楽制作とマネージメント会社である。

一時期、名探偵コナンのスポンサーでもあったため、オープニングテーマとエンディングテーマがビーイング。ついでにビーイングのアーティストのCMが流れていたこともある。

 

そして、ビーイングの良さはアーティスト同士で歌詞や曲を提供することがあったことにある。

実際、「突然」の作詞はZARDの坂井泉であり、作曲は織田哲郎(当時ビーイングおかかえの作曲家&プロデューサー)なのである。

素晴らしいアーティストが素晴らしいアーティストに曲を提供したらそれは素晴らしい音楽が生まれる可能性が高い。

 

また、タイアップが頻繁に行われており、CMやテレビの主題歌として流れるおかげで露出が増えて楽曲を売る手法をよく取っていた。

FIELD OF VIEWのシングル曲の8割以上がタイアップ付きである。

 

 

FIELD OF VIEWの名曲とおススメアルバム

・突然

 

夏に合う爽やかなバンドサウンドと歌詞。

それを歌う浅岡の声の爽やかさがハンパじゃない。

後に使い続ける小田の付点8分のディレイが効いたギターを惜しみなく曲全般に使っているのが、爽やかさの根源かもしれない。

まさにポカリに合う曲であり、心が渇いている時に聴くには持って来いの曲である。

先程も書いたが、作詞がZARDの坂井泉、作曲が織田哲郎

そりゃ、売れないわけがない。

 

 

・DAN DAN心惹かれていく


1999.02.13 Field Of View DAN DAN 心魅かれてく (Live ...

 

アニメ「ドラゴンボールGT」のオープニングテーマとして有名なこの曲はFIELD OF VIEWの中ではかなりアップテンポな曲である。

心惹かれていく雰囲気をリズムが盛り上げてくれ、分かりやすいメロディと歌詞がスっと入ってくる。

この曲も作詞がZARDの坂井泉、作曲が織田哲郎

もう実現しない黄金コンビである。

 

 

 

・君がいたから

 

何かが始まりそうな雰囲気とベルの目が覚めるような音で始まるこの曲は再デビュー後の1stシングルである。

何を隠そう、この曲も作詞がZARDの坂井泉、作曲が織田哲郎

ここまで来ると、わざととしか思えないかもしれないが、自分が選ぶとそうなってしまうのだから仕方ない。

 

 

・この街で君と暮らしたい


FIELD OF VIEW 「この街で君と暮らしたい」 ~FINAL LIVE~ - YouTube

 

モジュレーションの効いたギターのリードから始まるこの曲は、曲名の通りなんともストレートな楽曲である。

サウンド自体もあまりヘヴィにならず、柔らかなポップス。

この曲の作詞・作曲は小松未歩小松未歩といえば、コナンのオープニングや円ティングテーマを歌った人と言えば分かりやすいだろうか。

ZARDのようにあまりTVに出演しないのが小松未歩の特徴である。

 

 

・おススメのアルバム

自分はとにかく初期のFIELD OF VIEWが好きなので、初期のベスト盤『Singles Collection+4』をおススメする。

SINGLES COLLECTION+4

収録曲

1.もう一度
2.この街で君と暮らしたい
3.Dreams
4.ドキッ
5.DAN DAN心魅かれてく
6.Last Good-bye
7.突然
8.君がいたから
9.迷わないで
10.あの時の中で僕らは
11.大空へ
12.ある晴れた日
13.Someday
14.あの頃の僕に

 

 

 

もしくは、「突然」と「きっと離れていても」を聴きたいのであれば、『FIELD OF VIEW Ⅰ』一択となる。

FIELD OF VIEW I

 

収録曲

1. セピア
2. 突然
3. 恋が愛に変わってゆくまでに
4. きっと離れていても
5. THINK OF MYSELF
6. 迷わないで
7. Moon Light
8. とまどいの季節
9. 明日のために
10. 君がいたから

 

 

まずベスト盤の『Singles Collection+4』があれば、FIELD OF VIEWいい曲は十分に楽しめる。

1stや2ndは個人的に思い入れがあり、聴きこんでいる名盤なので別途レビューを行う予定である。

 

 

最後に

 

浅岡裕也のハイトーンであり、爽やかな歌声。

分かりやすい爽やかな歌詞。

キャッチーですぐ口ずさめてしまうメロディー。

バンドサウンドでありながら、シンセを上手に活用してストレート過ぎず、彩のあるサウンド。

これは今も自分の音楽の教科書であり、定石である。

 

 

残念ながらFIELD OF VIEWは解散してしまっている。

 

最終的に売れなかったからというのが大きな理由だと思うのだが、このあたりでもやっぱりミュージシャンは売れ続けることが重要であると思ってしまう。

 

それでも浅岡裕也は“BEING LEGEND”Live Tour 2012でFIELD OF VIEWとしてライブを披露しているし、たまにTVでも「突然」を歌っているのを見かける。

再結成は心待ちにしているが、あの頃の様な名曲を再度生み出してくれることもささやかながら期待している。

 

 

 

突然

それは自分の音楽を聴く始まりにして、原点である。

 

 

 

こちらからは以上です。

 

突然

突然

 

 

 

FIELD OF VIEW I

FIELD OF VIEW I

 

 

合わせて読みたい