Jailbreak

新しい世界の切り取り方

ドライブデートで音楽をかける時に考えたいこと~iPodを大活用~

広告

 

 

 

 

気になる女の子とドライブデート。

彼女と車でちょっと遠出。

妻を連れて温泉まで。

 

 

 

何でもいいのだが、好きな人を乗せて車に乗る機会があるときに、無音の車内はなかなかキツイ。

ラジオを聴いていてもいいのだが、地方に行くとラジオが入らなかったり、いつも思った通りの音楽や会話が流れてくるとは限らない。

 

やっぱり、そんな時は昔だと自作のミックステープ、今だとiPodを持っておきたい。

 

iPodをおススメする理由

①ミックステープのようにプレイリストを作成できる

 

 

 

iPodではプレイリストを活用すると音楽をミックステープのようにまとめることができる。

ただ曲を追加・削除する普通のプレイリストと曲のある条件で絞ったスマートプレイリストの2種類があるが、今回は普通のプレイリストを使用すればいい。

 

そのドライブでかけたい音楽をとにかく追加する。

そして、車内ではそのプレイリストをかける。

自分のセレクトした音楽がどんどんかかるのである。

 

例えば、雨のドライブで雨にまつわる曲を聴きたければ、そういうプレイリストを作成すればいい。

もしくは、車の中で盛り上がりたいなら、盛り上がる用のプレイリストを作成すればいい。

どんな曲を選曲するかの考え方については、また別の機会にお話ししよう。 

 

 

②操作が片手でできる

 

 

iPodは片手で操作ができる。

運転中に操作することは止めていただきたいのだが、次の曲を再生させるくらいは1clickもしくはダブルクリックくらいで可能である。

 

これがCDだとどうだろうか。

いちいちCDを入れ替えたりする必要がある。

CD-Rに焼いても良いが、それならiPodにデータを転送した方が早いし、たくさんのデータが入る。

 

③曲を迅速に再生できる

 

 

 iPodはアーティストやアルバム、曲名で曲を探すことができる。

プレイリストを用意しても、その時聴きたい曲を探して聴くことができるのだ。

 

車内の会話で好きなアーティストの話をして、そのアーティストの曲を聴くことだって容易である。

 

 

iPodはカーオーディオに接続が容易

最近のカーオーディオはiPodの接続に対応しているものが多い。

USBケーブルでiPodを接続すればOK、電源も供給されるという仕組みだ。

 

Pioneer カーオーディオ MVH-3100 MVH-3100

Pioneer カーオーディオ MVH-3100 MVH-3100

 

 

もしくは、最近のiPodにはbluetoothが標準装備されているので、bluetoothでの接続ができる。

 

そんな高級なナビやカーオーディオがなくても、FMトランスミッターを使用してカーオーディオから音を出すことも可能だ。

 

これを持っていれば、レンタカーでラジオしかない環境であっても、車で音楽を聴くことができる。

 

 

 

最後に

iPodは聴きたい時に聴きたい音楽を聴かせてくれるツールである。

それは車の中でも同じことである。

 

音楽をお供にしてドライブを楽しんでもらいたい。

次回はドライブでの選曲方法や気をつけたいことを紹介する予定。

 

こちらからは以上です。

 

Apple iPod nano 16GB 第7世代 2015年モデル シルバー MKN22J/A

Apple iPod nano 16GB 第7世代 2015年モデル シルバー MKN22J/A

 

 

Apple iPod touch 32GB ホワイト&シルバー MD720J/A  <第5世代>

Apple iPod touch 32GB ホワイト&シルバー MD720J/A <第5世代>

 

 

Apple iPod classic 160GB ブラック MC297J/A

Apple iPod classic 160GB ブラック MC297J/A

 

 

合わせて読みたい