読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jailbreak

新しい世界の切り取り方

西野カナもいいけど、MACOを聴いてみないか~アルバム『FIRST KISS』とカヴァーの魅力~

広告

 

 

会いたくて震えるでお馴染みの西野カナ

彼女の歌や歌詞は若い女性の心を捕まえるらしい。

会いたくて 会いたくて

 

西野カナが好きなら是非聴いてもらいたいし、西野カナがダメな人も一度聴いてもらいたい。

それが今回紹介するMACOだ。

 

 

SNSで拡散した人気

MACOは北海道函館市出身のシンガー・ソングライター

その知名度を一気に上げたのがテイラー・スウィフトの「私たちは絶対にヨリを戻したりしない〜We Are Never Ever Getting Back Together」をカヴァーしたYou Tubeである。

 


Taylor Swift - We Are Never Ever Getting Back ...

 

原曲はこちら


Taylor Swift - We Are Never Ever Getting Back ...

 

こんな具合でYou Tubeの総再生回数が2000万を超えている。

 

他にもカヴァーの幅は広い。

ケイティペリーのRoar


Katy Perry - Roar (MACO Japanese Cover) - YouTube

 

原曲はこちら


Katy Perry - Roar (Official) - YouTube

 

原曲のRoarはもっとアフリカンで元気ハツラツな雰囲気なのだが、MACOがカヴァーすると何だか優しい曲になる。

え?こんなに女心歌ってたの?と思って原曲との違いを楽しめたりする。

 

カーリー・レイ・ジェプセン  Really Like You


Carly Rae Jepsen – I Really Like You (MACO ...

 

原曲はこちら


Carly Rae Jepsen - I Really Like You - YouTube

 

トレンドの売れまくっている曲をカヴァーするこのアンテナは大事だ。

そして、カヴァーするスタイルはできるだけシンプルにして、歌詞を自分で書く。

英語の歌詞を直訳しているわけではないし、好き嫌いが分かれると思うが、原曲の歌詞の世界観を無視した歌詞にはなっていないので、そういうもんだと思えるなら楽しめるだろう。

 

 

歌の魅力

MACOは何より歌がいい感じ。

上手いかどうかというと、テクニックは持っているし平井堅風の節回しも持っているので、上手いとは思うが他のプロと比べるとそうでもないかもしれない。

 

しかし、この平井堅風の節回しが個性的なのかもしれない。

 

例えば、この「アイシテル」の

届かない 願いでも

の「願いでも」の入りの部分。

 


平井堅 アイシテル - YouTube

 

この曲のAメロなんかはこの感じがする。


MACO - 存在 (Short Ver.) - YouTube

 

歌声が凄くスムーズで雑味が少ない。

そこに平井堅風の節回し。

R&Bなんかがとても似合う歌声である。 

 

アルバム『FIRST KISS

 

FIRST KISS

 

 そんなMACOが初のオリジナルアルバムとして「FIRST KISS」を発表した。

シングルの「LOVE」や配信限定シングルの「KISS」や「ふたりずっと」が収録されている。

 

 オリジナル曲が満載のアルバムなので、レビューする予定である。

 

最後に

 MACOのカヴァーが聴きたいのであれば、「22」や「23」というアルバムがあるので、そちらもチェックしていただきたい。

 

22

22

 
23

23

 
23plus

23plus

 

 

 まだまだこれからが期待できる歌手だけに、今後の活動を楽しみにしたい。

 

こちらからは以上です。

 

FIRST KISS(初回限定盤)(DVD付)

FIRST KISS(初回限定盤)(DVD付)

 
FIRST KISS

FIRST KISS

 

 

合わせて読みたい

 

dankantakeshi.hatenablog.com

dankantakeshi.hatenablog.com

dankantakeshi.hatenablog.com