読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jailbreak

新しい世界の切り取り方

iTunesでの音楽仕分けを継続する方法~実践編 その2:コメントやグループを削除、ID3タグの変更~

ライフハック iTunes
広告

今回もiTunesでの音楽整理術を詳細に説明していく。

前回はデータの取り込みだった。

データ取り込みはとにかくデータの取り込みだけ行う。

それが結局効率的という内容であった。

 

今回も基本的な考え方に沿って進めていく。

基本的な考え方は以下5つ。

 

①一気に全部やろうとしない

②適切なタイミングに必ずやる

③同じことはまとめてやる

④やりっぱなしにする

⑤便利なモノを活用する

 

 

今回は先に説明したデータ取り込みと一緒に行う工程となる。

全行程は以下の通り。

 

1.データをiTunesに取り込む

2.コメントやグループを削除する

3.ID3タグをV.2.4にする

以下、順不同

4-1.ジャンルを修正する

4-2.歌詞をつける

4-3.アートワークをつける

4-4.BPMを追加する

4-5.グループを設定する

4-6.読み仮名を入れる

4-7.評価する

 

 

今回はこの2と3だ。

 

 

2.コメントやグループを削除する、3.ID3タグをV.2.4にする

 

 

 

 ここで必要な考え方は

②適切なタイミングに必ずやる

③同じことはまとめてやる

④やりっぱなしにする

 

データの取り込みが終わったら必ずコメントやグループを削除する。

このタイミングで行わないと自分の整理術では後々厄介なことになる。

 

 

また、同タイミングで取り込んだデータ全部に対して行うのだ。

そうすることで、新たに取り込んだデータは必ずグループやコメントが入っていない状態になる。

全部のデータの更新には時間がかかることがあるので、該当データを全選択して一気に削除するのだ。

 

まとめてデータ選択の方法はお分かりだろうか?

例えば、「Rock stock & too smoking the pillows」というアルバムを選択したい場合は、下の絵の様に始点となるデータを選択する。

 

f:id:DankanTakeshi:20150510115256j:plain

 

そして、windowsの場合、Shiftキーを押しながらマウスで該当行をクリックすると、下の画像のようになる。

 

f:id:DankanTakeshi:20150510115302j:plain

 

これでまとめてデータを選択することができる。

 

 

削除が終わったらまだ新たに取り込んだデータは選択状態であるはずだ。

その状態からさらにまとめてID3タグのバージョンも変更してしまう。

 

ここまでがデータを取り込んでから必ずすることだ。

 

 

最後に

言うならばデータを取り込み、コメントを削除しID3タグの変更をするところまでが前処理である。

この時点のデータは最低限の情報が入っただけのプレーンなもの。

まだ画用紙を用意して、輪郭を描いただけである。

 

ここから音楽の仕分けが始まる。

 

次回はこちら

dankantakeshi.hatenablog.com

 

こちらからは以上です。

 

 

○広告

 

 

合わせて読みたい