Jailbreak

新しい世界の切り取り方

まとめ

Nickelbackが好きなら聴いてほしい太い歌声の男性ヴォーカル10名を厳選

カナダのロックバンドNickelbackは今やワールドツアーを成功させるビッグなバンドの一つだ。彼らの魅力はキャッチーなメロディ、へヴィなロックサウンドと美しいバラードのバランス感、そして何よりヴォーカルChad Kroegerの歌声だ。 Chad Kroegerの歌声の特…

へヴィなロックやメタルの4つ打ち+裏打ちハイハットのダンスグルーブはズルいがカッコイイ~オススメ曲あり~

音楽を聴いていると、気持ちいいと思える曲がある。その中でもリズムが気持ちいいとノれるので最高だ。 その中でもビートのパターンがいくつかあって、そのビートによって良いなと思う曲は違う。 例えば、8ビートの安定感とリフとの絡みが気持ちいい曲は最高…

2017年上半期自分がパワープレイしたオススメ曲10曲

前回はアルバム編をお送りしたので、今回は曲編。 アルバムよりはバラエティ豊かになるのだが、それでもやっぱりキャッチーなロックが多めなのはお許しを。 また、前回同様必ずしも2017年に発売された楽曲というわけではないので、ご注意を。 「Wild City」/…

2017年上半期自分がパワープレイしたオススメアルバム12枚

半年に一度自分が良く聴いた音楽をまとめていて、今回はそのアルバム編。 大体半年くらいである程度まとまって気に入る音楽と出会うからというだけなんだけど。なお、毎度毎度のことですが、必ずしも2017年上半期発売作品だけではないので、ご了承ください。…

原曲を超えた!?名カヴァー~邦楽・日本人アーティスト編35選~

カヴァーはオリジナルを超えない。これが定説だとは思うが、例外が起こることはある。そんな考えから前回は海外アーティストによるオリジナルを超えたかもしれないカヴァー曲を紹介した。 今回はその日本人アーティストによるカヴァー曲を紹介する。前回同様…

原曲を超えた!?名カヴァー~洋楽・海外アーティスト編20選~

カヴァーは原曲を超えないと言われることがあるが、本当だろうか?言いたいことは分かる。原曲のオリジナリティと先進性を讃えるのは大事で、0を1にした価値は大きい。カヴァーは0を10にも、何なら-100を100にしてしまうことだってある。また違う価値なのだ…

今さらながらチャットモンチーの魅力とおすすめ曲・おすすめアルバムを整理する

2005年のメジャーデビューから現在までチャットモンチーは成長と変化を続けてきおり、今もそれを止めていない。彼女たちがバンドとして、ミュージシャンとして、人間として、成長していく姿を作品を通してみてきたからこそ分かる彼女たちの音楽の良さがある…

洋楽初心者にはキャッチーでメロウな2000年以降のカントリー・ミュージックがオススメ~洋楽カントリーアーティスト9選~

J-POPは聴いたことがあるけど洋楽はちゃんと聴いたことがないとか、これから洋楽を聴いてみたいけれどどれから手を付けて良いか分からないという方には、キャッチーでメロウな2000年以降のカントリー・ミュージック(以後、カントリー)をおすすめしたい。 …

Aerosmithのベスト盤・コンピレーションアルバムから選曲数が多いものを並べてみる

最近、Aerosmithをよく聴いてまして。よく聴くというか、今まで持っていなかったアルバムを全部手に入れて、片っ端から聴いているという表現が正しいかもしれない。もちろん、ベスト盤・ライブ盤を問わず。EPは手に入ったり入らなかったりするので、その辺は…

イントロからベースがカッコイイ曲~ロックを中心に~

どうしてもロックバンドの中心はメロディを持つヴォーカルや、目立ちやすいギターを聴いてしまう。それ以外だと全体のアンサンブルであったり、音色であったり、歌詞であったりと音楽には聴きどころがある。どうしてもその中でベースは影を潜めやすい。他の…

ツッコミを入れたくなる海外アーティストの日本語曲カヴァー

日本人が海外のアーティストをカヴァーすることは珍しくない。日本の音楽ばかりでなく、洋楽に影響を受けることなんてよくあることだ。しかし、海外アーティストが日本語の曲をカヴァーしてくれるのはあまり出会うことがない。だからこそ、日本の歌を歌って…

BUMP OF CHICKENが好きならこんなアーティストがおススメ~魅力ポイントから似ているバンド10選~

1999年のデビューからサウンドや作風に変化はありつつ、素敵な音楽を届け続けてくれているBUMP OF CHICKEN。 Embed from Getty Images 4人のバンドサウンドを中心に構成された楽曲はギターが2本ありつつも、必ずしもギターロックに当てはまらない広い音楽性…

2016年下半期自分がパワープレイしたオススメ曲10曲

前回はアルバム編を紹介したので、今回は曲編。 アルバム編はロック色が強くなるのだが、曲編はロックは多めではあるがもう少し幅が広がりがち。しかし、今回はまたしてもロック色強め…を覚悟してみていただきたい。 1.WANIMA「ともに」(2016) ともに WANIMA…

2016年下半期自分がパワープレイしたオススメアルバム10枚

2016年も終わろうとしているので、そろそろ下半期パワープレイした音楽をまとめてみようと思う。 いい音楽に出会っているので、良かったと思えたものを並べていきたい。 なお、今回もあくまで自分が出会った音楽であって、2016年下半期に発売されたものでは…

クロスバイクを購入して4か月~2016年の自分のクロスバイク関連事項まとめ~

2016年8月にクロスバイクを手に入れて世界が変わった。 dankantakeshi.hatenablog.com そして、2か月が経過してある程度のグッズや楽しみ方がまとまった。 dankantakeshi.hatenablog.com 今回はこの続き。 さらに2ヵ月が経過して、さらに変化があった。 変わ…

乃木坂46 齋藤飛鳥さんに聴いてほしい『洋楽 歌詞 重め』の13曲

2017/02/03 歌詞を一部修正 乃木坂46のメンバーが面白い観点で音楽を聴くことが分かったので、先日記事にした。 dankantakeshi.hatenablog.com この記事の中でも紹介したのだが、齋藤飛鳥さんが「洋楽 歌詞 重め」と検索して、Evanescenceの「Going Under」…

2016年買って良かったものベスト7

2016年ももうすぐ終わりそうなので、今年買って良かったものをまとめておこうと思う。 基本的には何か問題を解決しているものがほとんどなので、いずれもおススメできるものだ。 7位:プロテクトイオンヘアードライヤー TID2100 長年使っていたドライアーが…

名曲をパンクで殴る!Me First and the Gimme Gimmes(ミー・ファースト・アンド・ザ・ギミー・ギミーズ)のカヴァーアルバムとおすすめ曲

Embed from Getty Images パンクロックで名曲をカヴァーする。 ただそれだけのためのバンドがある。それこそが Me First and the Gimme Gimmes(ミー・ファースト・アンド・ザ・ギミー・ギミーズ)だ。 扱う曲の幅は広く1960年代の曲から、ミュージカル音楽…

【まとめ】色気のある歌声でオシャレな名曲をカヴァー~邦楽おしゃれカヴァーアルバム10枚~

オシャレな音楽は聴きたいが、全く知らない曲だと楽しめない。 オシャレな音楽はアレンジ次第である程度カバーでき、全く知らない音楽を避けるにはカヴァーアルバムが良い。カヴァーは原曲通りコピーすることとは異なり、アレンジが変わる。そのおかげで聴き…

秋の空にはthe brilliant greenの曲が良く似合う~オススメ5曲~

はてなブログを始めてから、はてな内で割とコミュニケーションをとりやすい環境にいる中であまり積極的ではない自分がいる。仲良くなる方がいてもいいし、お互いのブログを行き来(何人かいらっしゃいますが)するような方がいるのもブログの楽しみ方の一つ…

何かが始まる…とドキドキさせてくれるオープニング曲~洋楽ロックを10曲~

アルバムを聴くときによっぽど目当ての曲がない限り1曲目から聴くのではないだろうか。特に新作を手に入れてからアルバムの1曲目を聴いてそのアルバムのイメージが始まり、歌が始まるまでのイントロで気分は盛り上がり、歌が入ってさらに盛り上がる。 そうい…

2016年の今だから聴きたい2010年代の日本のロックバンド

2016年の今だからこそ聴きたい、勢いがあってこれからさらに伸びるであろう日本のロックバンドを紹介する。

2016年上半期自分がパワープレイしたオススメ曲10曲

2016年上半期にパワープレイした曲10曲をエピソードとともに紹介する。

2016年上半期自分がパワープレイしたオススメアルバム10枚

2016年パワープレイしたアルバムを厳選して10枚紹介する。

2016年に出会ったハードロック・ヘヴィメタルがあまりにも良かったから紹介したい~2012年以降おススメHR/HM 9枚~

2012年以降に発売されたハードロック・へヴィメタルのオススメ9枚を紹介する。

知らぬなら知らせてみせようレキシさん~池田貴史の名曲の無駄遣いとオモシロイ歴史~

レキシこと池田貴史の魅力とその音楽のオモシロさを紹介する。

いい音楽を求めていったらHoward Bensonがプロデュースしていた~Howard Benson ベストプロデュースアルバム11枚+1~

Howard Bensonプロデュース作品の中から11枚+1を紹介する。

【まとめ】ファンキーなサウンドとソウルフルなヴォーカルで心躍る邦楽バンド10選

日本のファンキーでソウルフルなバンドを10組紹介する。

Jazzを聴くのにハマらなかった自分が気に入ったおでんの出汁のようなシンガー:Michael Bublé

イケメンが歌いだしたらメチャメチャ歌が上手かった。そして、大事な歌心がそこにはあった。

ヘヴィな音楽を追い求めて

へヴィな音楽にはどんな要素があるのか。そして、どこにへヴィさがあるのか。