Jailbreak

新しい世界の切り取り方

音楽

残像でも十分にカッコイイー「○○だから好き」より「××だけど好き」の方が強いー

先日Mr.Bigのライブに行ってきた。良いライブで詳細は記事を読んでいただきたいのだい。 このライブを通して、旬を過ぎたアーティストの価値について思うところがあって、今回はそのあたりを書いてみたい。特に今回見たライブが残像でも十分カッコイイものだ…

大事なことは「1992」に全部詰まっていた。MR.BIG JAPAN TOUR 2017 2017年9月20日(水)ニトリ文化ホールライブレポート

2017年9月20日。天気はあまり良くなく、公演前には雨が降り出した。それでもファンはニトリ文化ホールの前に列をなしている。前回のMR.BIG What If... Tourは日曜日だったが、今回は水曜日。自分たちも含めてどうも若い客が少ないように見える。そんなことを…

ドライブデートでは音楽と準備が大事ータイムズカーはドライブデートに最適ー

先日楽しくドライブデートをしてきた。 このブログでも何度か書いているが、ドライブデートで音楽がキマるととてもいい時間が過ごせる。 今回上手くいったところについて、できるだけ詳細に書いていきたい。 その前に前提がある。 ①お相手は音楽が好き(好き…

Mr.Children『himawari』の感想とシングルやEPのもう一つの楽しみ方

1.himawari2.メインストリートに行こう (Hall Tour 2017 ヒカリノアトリエ)3.PIANO MAN (Hall Tour 2017 ヒカリノアトリエ)4.跳べ (Hall Tour 2017 ヒカリノアトリエ)5.終わりなき旅 (2017.4.23 YOKOHAMA)6.忙しい僕ら7.I LOVE CD SHOPS!8.Secret Track Mr.C…

へヴィなロックやメタルの4つ打ち+裏打ちハイハットのダンスグルーブはズルいがカッコイイ~オススメ曲あり~

音楽を聴いていると、気持ちいいと思える曲がある。その中でもリズムが気持ちいいとノれるので最高だ。 その中でもビートのパターンがいくつかあって、そのビートによって良いなと思う曲は違う。 例えば、8ビートの安定感とリフとの絡みが気持ちいい曲は最高…

ライナーノーツのおかげで洋楽を自分のものにできた~アーティストと情報とMr.Big~

先日、久々にCDを買った。手にしたのはMr.Bigのニューアルバム『Defying Gravity』で、ほとんど情報集めのための試聴しかしないタワレコで。普段、音楽を手に入れる手段はダウンロードやレンタルがほとんど。年に数枚CDを買う程度で、本当に好きなアーティス…

テレサ・テンは「時の流れに身をまかせ」もいいが、「つぐない」だと思うんだよな

タイトルはあくまで一例で、一般的にはこの曲が代表曲なんだろうけど、自分の中ではこっちの曲が一番なんだよなってことを言いたくて。 これって別にそのアーティストに詳しかろうが詳しくなかろうが関係なくて、一般に言われていることとか評価されている曲…

2017年上半期自分がパワープレイしたオススメ曲10曲

前回はアルバム編をお送りしたので、今回は曲編。 アルバムよりはバラエティ豊かになるのだが、それでもやっぱりキャッチーなロックが多めなのはお許しを。 また、前回同様必ずしも2017年に発売された楽曲というわけではないので、ご注意を。 「Wild City」/…

2017年上半期自分がパワープレイしたオススメアルバム12枚

半年に一度自分が良く聴いた音楽をまとめていて、今回はそのアルバム編。 大体半年くらいである程度まとまって気に入る音楽と出会うからというだけなんだけど。なお、毎度毎度のことですが、必ずしも2017年上半期発売作品だけではないので、ご了承ください。…

原曲を超えた!?名カヴァー~邦楽・日本人アーティスト編35選~

カヴァーはオリジナルを超えない。これが定説だとは思うが、例外が起こることはある。そんな考えから前回は海外アーティストによるオリジナルを超えたかもしれないカヴァー曲を紹介した。 今回はその日本人アーティストによるカヴァー曲を紹介する。前回同様…

原曲を超えた!?名カヴァー~洋楽・海外アーティスト編20選~

カヴァーは原曲を超えないと言われることがあるが、本当だろうか?言いたいことは分かる。原曲のオリジナリティと先進性を讃えるのは大事で、0を1にした価値は大きい。カヴァーは0を10にも、何なら-100を100にしてしまうことだってある。また違う価値なのだ…

今さらながらチャットモンチーの魅力とおすすめ曲・おすすめアルバムを整理する

2005年のメジャーデビューから現在までチャットモンチーは成長と変化を続けてきおり、今もそれを止めていない。彼女たちがバンドとして、ミュージシャンとして、人間として、成長していく姿を作品を通してみてきたからこそ分かる彼女たちの音楽の良さがある…

7年半使ったiPodの再生数Top10とそこから分かったこと~音楽のルーティーン化~

お題「今までに一番リピート再生した曲」 おもしろそうなお題があったので、書いてみようと思う。 自分は普段iPodを使用して音楽を聴くことがほとんどで、その運用方法もほぼ確立している。この運用方法の目的は良い音楽を取り入れて、欲しい時にすぐ聴ける…

洋楽初心者にはキャッチーでメロウな2000年以降のカントリー・ミュージックがオススメ~洋楽カントリーアーティスト9選~

J-POPは聴いたことがあるけど洋楽はちゃんと聴いたことがないとか、これから洋楽を聴いてみたいけれどどれから手を付けて良いか分からないという方には、キャッチーでメロウな2000年以降のカントリー・ミュージック(以後、カントリー)をおすすめしたい。 …

ルリカから思い起こされるクロノトリガーの記憶

先日、友達と飲んだ3次会に行きつけのバーに寄った。来店もそこそこにすぐトイレに走って、席に戻ったら”いつもの”が出てきた。この辺が行きつけのバーの良いところで、気楽なところだ。バーテンさんは男性も女性もいて、いわゆる白シャツにジレとスラックス…

老舗ロックバンドの変わっていくこと・変わらずにいること~Pretty Maids『Kingmaker』とWarrant『Louder Harder Faster』~

Pretty MaidsとWarrantの最新アルバムを聴いた。どちらのバンドも1980年代に結成し、30年以上のキャリアを持つHR/MH系のバンドだ。2つのバンドがリリースした最新アルバムがかなり対照的だったので、比較しながらレビューしていく。 Pretty Maids『Kingmaker…

「普通じゃ物足りない」と「普通がやっぱり一番」を行ったり来たり

これがまた厄介な話でして、普通ってのは広がっていくんですよ。そして、ど真ん中がどんどんズレていく。きっとこれが慣れとか順応なんでしょうが、そういうもんだと思って付き合っています。 己の普通と普通じゃない まず自分自身が思う普通・普通じゃない…

Youtubeで見るドラム練習のモチベーションを保つための動画とキーワード

このブログではよく音楽をネタにしているのですが、音楽の特性上、言葉をたくさん重ねるよりもとにかく聴いてもらうのが手っ取り早い。そうなると、Youtubeをよく使うことになるのです。 ※Youtubeは読み込みが重いので、スクリプトを入れたくなりサブブログ…

やっぱりハードロックはカッコイイ

やっぱり70年代~80年代前半のハードロックはカッコイイなと思った。 最近、Richie Blackmore's Rainbowのトリビュートバンドである虹伝説の『A Tribute To Rainbow』を聴いていたのがきっかけ。オープニングは「Over The Rainbow」からの「Kill The King」…

BUMP OF CHICKENとドラマーの上手い下手と好き嫌いと音楽

※最後にこの記事への後日談へのリンクを追加しました。 ちょっと気になる記事がホッテントリ入りしていて、様々な角度からツッコミが入っていた。 ドラムの話題なのと、せっかくなので自分の考えをまとめてみようかと思う。元記事に同意できる点もあるし、同…

ベスト盤はコスパが良いのか~失敗しにくいBetterな音楽の手に入れ方~

手っ取り早くそのアーティストを知りたければベスト盤を聴け!と以前なら言っていた。だが、最近は必ずしもそうでもないなと。音楽の聴き方によってコスパの良さが変わるんじゃないかなと。 ベスト盤はそのアーティストの音楽の入門編としては最高で、ベスト…

In My Lifeから見る楽曲のアレンジのポイントとやりすぎない美しさをドラマー視点から見てみる

ある時、たまたまTVを付けたら、映画が流れてきた。軍服を着た女性が軍人に囲まれてThe Beatlesの「In My Life」をカヴァーしていた。これがなんとも良いカヴァーで、こんなに美しい歌だったっけ?と思わせられる凄さがあった。 1991年の「For the Boys」と…

Aerosmithのベスト盤・コンピレーションアルバムから選曲数が多いものを並べてみる

最近、Aerosmithをよく聴いてまして。よく聴くというか、今まで持っていなかったアルバムを全部手に入れて、片っ端から聴いているという表現が正しいかもしれない。もちろん、ベスト盤・ライブ盤を問わず。EPは手に入ったり入らなかったりするので、その辺は…

イントロからベースがカッコイイ曲~ロックを中心に~

どうしてもロックバンドの中心はメロディを持つヴォーカルや、目立ちやすいギターを聴いてしまう。それ以外だと全体のアンサンブルであったり、音色であったり、歌詞であったりと音楽には聴きどころがある。どうしてもその中でベースは影を潜めやすい。他の…

ツッコミを入れたくなる海外アーティストの日本語曲カヴァー

日本人が海外のアーティストをカヴァーすることは珍しくない。日本の音楽ばかりでなく、洋楽に影響を受けることなんてよくあることだ。しかし、海外アーティストが日本語の曲をカヴァーしてくれるのはあまり出会うことがない。だからこそ、日本の歌を歌って…

楽器を買うときの壮大なる思い込み

楽器購入あるあるとしての思い込み

【レビュー】Shout it Out『青年の主張』は青さと若さと大人と子供の間

1.大人になれない2.17歳3.雨哀4.道を行け5.DAYS6.夜間飛行7.トワイライト8.青春のすべて9.影と光10.青年の主張11.エンドロール12.灯火 オススメ曲→4、5、8、10 2017年3月8日発売Shout it Out『青年の主張』を聴いた。 20代に突入した時に10代を振り返って”あ…

「この1曲があるから好きなアルバム」と「ずば抜けてよい曲はないが、全体としていいアルバム」の話

タイトル通りであるあると思えるなら、あとは具体例くらいしかないのだけど、少しだけ前フリから。 自分は音楽を山ほど聴いていて、月に100~500曲くらい評価をしている。ここでの評価とは、また聴きたい曲があるかどうかを仕分けること。詳しくは別記事を読…

自分の思うシティポップはMr.Children~ミスチルシティポップのすすめ~

本題に入る前に前提を。 自分はミスチルが好きで、自分を構成する9枚にはミスチルが当然入るし、よく考えたらミスチルの呪縛にかかっている。 70,000曲を超える曲と6,500枚を超えるアルバムから「私を構成する9枚」を選ぶと10代の自分が蘇って、自分のロック…

【レビュー】薄味だからこそスパイスが効くSuchmos『THE KIDS』とルーツの話

1.A.G.I.T.2.STAY TUNE3.PINKVIBES4.TOBACCO5.SNOOZE6.DUMBO7.INTERLUDE S.G.S.48.MINT9.SEAWEED10.ARE WE ALONE11.BODY オススメ曲→1、2、5、7、8 Suchmosの2ndアルバム『THE KIDS』を聴いた。 ロック感はなく、ブラックミュージックをベースにしっかりと引…