読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jailbreak

新しい世界の切り取り方

音楽

ルリカから思い起こされるクロノトリガーの記憶

先日、友達と飲んだ3次会に行きつけのバーに寄った。来店もそこそこにすぐトイレに走って、席に戻ったら”いつもの”が出てきた。この辺が行きつけのバーの良いところで、気楽なところだ。バーテンさんは男性も女性もいて、いわゆる白シャツにジレとスラックス…

老舗ロックバンドの変わっていくこと・変わらずにいること~Pretty Maids『Kingmaker』とWarrant『Louder Harder Faster』~

Pretty MaidsとWarrantの最新アルバムを聴いた。どちらのバンドも1980年代に結成し、30年以上のキャリアを持つHR/MH系のバンドだ。2つのバンドがリリースした最新アルバムがかなり対照的だったので、比較しながらレビューしていく。 Pretty Maids『Kingmaker…

「普通じゃ物足りない」と「普通がやっぱり一番」を行ったり来たり

これがまた厄介な話でして、普通ってのは広がっていくんですよ。そして、ど真ん中がどんどんズレていく。きっとこれが慣れとか順応なんでしょうが、そういうもんだと思って付き合っています。 己の普通と普通じゃない まず自分自身が思う普通・普通じゃない…

Youtubeで見るドラム練習のモチベーションを保つための動画とキーワード

このブログではよく音楽をネタにしているのですが、音楽の特性上、言葉をたくさん重ねるよりもとにかく聴いてもらうのが手っ取り早い。そうなると、Youtubeをよく使うことになるのです。 ※Youtubeは読み込みが重いので、スクリプトを入れたくなりサブブログ…

やっぱりハードロックはカッコイイ

やっぱり70年代~80年代前半のハードロックはカッコイイなと思った。 最近、Richie Blackmore's Rainbowのトリビュートバンドである虹伝説の『A Tribute To Rainbow』を聴いていたのがきっかけ。オープニングは「Over The Rainbow」からの「Kill The King」…

BUMP OF CHICKENとドラマーの上手い下手と好き嫌いと音楽

※最後にこの記事への後日談へのリンクを追加しました。 ちょっと気になる記事がホッテントリ入りしていて、様々な角度からツッコミが入っていた。 ドラムの話題なのと、せっかくなので自分の考えをまとめてみようかと思う。元記事に同意できる点もあるし、同…

ベスト盤はコスパが良いのか~失敗しにくいBetterな音楽の手に入れ方~

手っ取り早くそのアーティストを知りたければベスト盤を聴け!と以前なら言っていた。だが、最近は必ずしもそうでもないなと。音楽の聴き方によってコスパの良さが変わるんじゃないかなと。 ベスト盤はそのアーティストの音楽の入門編としては最高で、ベスト…

In My Lifeから見る楽曲のアレンジのポイントとやりすぎない美しさをドラマー視点から見てみる

ある時、たまたまTVを付けたら、映画が流れてきた。軍服を着た女性が軍人に囲まれてThe Beatlesの「In My Life」をカヴァーしていた。これがなんとも良いカヴァーで、こんなに美しい歌だったっけ?と思わせられる凄さがあった。 1991年の「For the Boys」と…

Aerosmithのベスト盤・コンピレーションアルバムから選曲数が多いものを並べてみる

最近、Aerosmithをよく聴いてまして。よく聴くというか、今まで持っていなかったアルバムを全部手に入れて、片っ端から聴いているという表現が正しいかもしれない。もちろん、ベスト盤・ライブ盤を問わず。EPは手に入ったり入らなかったりするので、その辺は…

イントロからベースがカッコイイ曲~ロックを中心に~

どうしてもロックバンドの中心はメロディを持つヴォーカルや、目立ちやすいギターを聴いてしまう。それ以外だと全体のアンサンブルであったり、音色であったり、歌詞であったりと音楽には聴きどころがある。どうしてもその中でベースは影を潜めやすい。他の…

ツッコミを入れたくなる海外アーティストの日本語曲カヴァー

日本人が海外のアーティストをカヴァーすることは珍しくない。日本の音楽ばかりでなく、洋楽に影響を受けることなんてよくあることだ。しかし、海外アーティストが日本語の曲をカヴァーしてくれるのはあまり出会うことがない。だからこそ、日本の歌を歌って…

楽器を買うときの壮大なる思い込み

楽器購入あるあるとしての思い込み

【レビュー】Shout it Out『青年の主張』は青さと若さと大人と子供の間

1.大人になれない2.17歳3.雨哀4.道を行け5.DAYS6.夜間飛行7.トワイライト8.青春のすべて9.影と光10.青年の主張11.エンドロール12.灯火 オススメ曲→4、5、8、10 2017年3月8日発売Shout it Out『青年の主張』を聴いた。 20代に突入した時に10代を振り返って”あ…

「この1曲があるから好きなアルバム」と「ずば抜けてよい曲はないが、全体としていいアルバム」の話

タイトル通りであるあると思えるなら、あとは具体例くらいしかないのだけど、少しだけ前フリから。 自分は音楽を山ほど聴いていて、月に100~500曲くらい評価をしている。ここでの評価とは、また聴きたい曲があるかどうかを仕分けること。詳しくは別記事を読…

自分の思うシティポップはMr.Children~ミスチルシティポップのすすめ~

本題に入る前に前提を。 自分はミスチルが好きで、自分を構成する9枚にはミスチルが当然入るし、よく考えたらミスチルの呪縛にかかっている。 70,000曲を超える曲と6,500枚を超えるアルバムから「私を構成する9枚」を選ぶと10代の自分が蘇って、自分のロック…

【レビュー】薄味だからこそスパイスが効くSuchmos『THE KIDS』とルーツの話

1.A.G.I.T.2.STAY TUNE3.PINKVIBES4.TOBACCO5.SNOOZE6.DUMBO7.INTERLUDE S.G.S.48.MINT9.SEAWEED10.ARE WE ALONE11.BODY オススメ曲→1、2、5、7、8 Suchmosの2ndアルバム『THE KIDS』を聴いた。 ロック感はなく、ブラックミュージックをベースにしっかりと引…

BUMP OF CHICKENが好きならこんなアーティストがおススメ~魅力ポイントから似ているバンド10選~

1999年のデビューからサウンドや作風に変化はありつつ、素敵な音楽を届け続けてくれているBUMP OF CHICKEN。 Embed from Getty Images 4人のバンドサウンドを中心に構成された楽曲はギターが2本ありつつも、必ずしもギターロックに当てはまらない広い音楽性…

アーティストのルーツを探ると音楽がもっと楽しくなる

音楽の幅の広げ方たり、音楽の深さをより深く知るとその音楽をもっと好きになることが経験上多い。自分がたくさん音楽を聴くのはそういう理由が半分、あと半分は単純な興味で新しい音楽を聴いている。 好きなアーティストや好きな曲のルーツを探るとまさにそ…

Mr.Children「ヒカリノアトリエ」の感想と昔ながらのミスチルファン必聴のSecret Track

1.ヒカリノアトリエ2.つよがり (Studio Live)3.くるみ (Studio Live)4.CANDY (Studio Live)5.ランニングハイ (虹 Tour 2016.11.7 FUKUI)6.PADDLE (虹 Tour 2016.10.14 KUMAMOTO) Mr.Childrenの「ヒカリノアトリエ」を聴いたのでその感想。 正直「ヒカリノア…

また来年!Next Year

また来年会いましょう。 www.youtube.com There Is Nothing Left to Lose posted with カエレバ Foo Fighters Roswell 2002-03-04 Amazon 楽天市場 Yahooショッピング 7net

2016年下半期自分がパワープレイしたオススメ曲10曲

前回はアルバム編を紹介したので、今回は曲編。 アルバム編はロック色が強くなるのだが、曲編はロックは多めではあるがもう少し幅が広がりがち。しかし、今回はまたしてもロック色強め…を覚悟してみていただきたい。 1.WANIMA「ともに」(2016) ともに WANIMA…

2016年下半期自分がパワープレイしたオススメアルバム10枚

2016年も終わろうとしているので、そろそろ下半期パワープレイした音楽をまとめてみようと思う。 いい音楽に出会っているので、良かったと思えたものを並べていきたい。 なお、今回もあくまで自分が出会った音楽であって、2016年下半期に発売されたものでは…

【レビュー】親の七光りではない!松田聖子の娘:神田沙也加のTRUSTRICK:アルバム『TRICK』

1.TRICK feat.chelly (EGOIST)2.Recall THE END3.I wish you were here.4.blur blur5.pixie6.mint gum (sugarless version)7.LOVELESS8.星の無い夜9.beloved10.寂しさの宙から11.innocent promise12.Honey Complex13.未来形Answe14.So long15.Proud オススメ…

乃木坂46 齋藤飛鳥さんに聴いてほしい『洋楽 歌詞 重め』の13曲

2017/02/03 歌詞を一部修正 乃木坂46のメンバーが面白い観点で音楽を聴くことが分かったので、先日記事にした。 dankantakeshi.hatenablog.com この記事の中でも紹介したのだが、齋藤飛鳥さんが「洋楽 歌詞 重め」と検索して、Evanescenceの「Going Under」…

名曲をパンクで殴る!Me First and the Gimme Gimmes(ミー・ファースト・アンド・ザ・ギミー・ギミーズ)のカヴァーアルバムとおすすめ曲

Embed from Getty Images パンクロックで名曲をカヴァーする。 ただそれだけのためのバンドがある。それこそが Me First and the Gimme Gimmes(ミー・ファースト・アンド・ザ・ギミー・ギミーズ)だ。 扱う曲の幅は広く1960年代の曲から、ミュージカル音楽…

乃木坂工事中で知った乃木坂46メンバーの音楽の聴き始め方とメンバーの『私の1曲』

先日、乃木坂工事中で「バナナマンに教えたい 私の1曲」というテーマがあった。これがなかなか面白く、音楽の興味の持ち方や手に入れるきっかけが参考になった。 最近の人はあまり歌詞を聴いていないのかと思いきや、2名も歌詞から音楽を探すというから、音…

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)のリライトのリライト!?名盤『ソルファ』のリレコーディングと既存楽曲の新たなアプローチの価値

リライトのリライトを知って、アジカンのオフィシャルサイトと見るとなかなか面白そうなことになっていたのでその辺の雑感をまとめて書いておこうと思う。 2ndアルバム『ソルファ』をリレコーディングし、その代表曲「リライト」をリライトするという企画な…

Mr.Childrenが自分にかけた音楽に関する5つの呪縛

最初に影響を受けた音楽は音楽に対する「そういうもんだ」観を与える。それが音楽の価値観の基準になって比べる基準になり、他の音楽と比べてさらに価値観が変化していく。 そんな中で自分がMr.Childrenによって与えてもらった価値観が、「あれ?これって普…

【レビュー】バンドの中心が変わったKoЯn(コーン)『The Serenity of Suffering』

1.Insane2.Rotting in Vain3.Black Is the Soul4.The Hating5.A Different World (featuring Corey Taylor)6.Take Me7.Everything Falls Apart8.Die Yet Another Night9.When You're Not There10.Next in Line11.Please Come for Me12.Baby13.Calling Me Too…

【まとめ】色気のある歌声でオシャレな名曲をカヴァー~邦楽おしゃれカヴァーアルバム10枚~

オシャレな音楽は聴きたいが、全く知らない曲だと楽しめない。 オシャレな音楽はアレンジ次第である程度カバーでき、全く知らない音楽を避けるにはカヴァーアルバムが良い。カヴァーは原曲通りコピーすることとは異なり、アレンジが変わる。そのおかげで聴き…

【レビュー】US・UK・JPロックとデジタルの融合をナチュラルに行う[Alexandros]の『EXIST!』

1.ムーンソング2.Kaiju3.Girl A4.Claw5.O₂6.Feel like7.Aoyama8.Nawe, Nawe9.Buzz Off!10.クソッタレな貴様らへ11.Swan12.I want u to love me13.今まで君が泣いた分取り戻そう14.NEW WALL オススメ曲→3、6、8、11、13、14 前作『ALXD』から約1年4か月ぶりの…

【レビュー】絶対フルパワーで歌ってはいけないAimer(エメ)の『daydream』

1.insane dream2.ninelie with chelly(EGOIST)3.twoface4.Higher Ground5.for ロンリー with 阿部真央6.蝶々結び7.カタオモイ8.Hz9.声色10.closer11.Falling Alone12.us13.Stars in the rain Aimer(エメ)の2016年9月21日発売の4thアルバム『daydream』を聴…

【レビュー】ALTER BRIDGE『THE LAST HERO』

1.Show Me a Leader2.The Writing on the Wall3.The Other Side4.My Champion5.Poison in Your Veins6.Cradle to the Grave7.Losing Patience8.This Side of Fate9.You Will Be Remembered10.Crows on a Wire11.Twilight12.Island of Fools13.The Last Hero1…

桑田佳祐とニ長調の名曲達~映画「金メダル男」の主題歌「君への手紙」を聴いて~

映画「金メダル男」の主題歌が桑田佳祐の書き下ろし曲「君への手紙」に決定。 監督・主演の内村光良が桑田さんに直接手紙を書いて依頼したというエピソード付きの楽曲だ。 www.youtube.com 映画公開に向けて監督のウッチャンがメディアに露出していたおかげ…

そう!そう!これが欲しかった!ハイスタの「ANOTHER STARTING LINE」がめちゃくちゃ良かったので、感想を書きたい。

Hi-STANDARD(以降、ハイスタ)が事前告知なしでシングルを発売したのがニュースになった。 再結成に向けて動き出している雰囲気はあり、メンバーのTwitterや共演している以外に具体的に情報はなかった。 natalie.mu 今回のシングル発売は率直に言って嬉しい…

音楽の奥深さは音楽雑誌が教えてくれた

前回からの音楽の価値を教えてもらったシリーズの続きです。 dankantakeshi.hatenablog.com 前回こう書いている。 バンドのメンバー(以外、親しみを込めてオッサン)達に最初に突っ込まれたのは「何でそんなに古い音楽知ってるの?」だった。んなもん好きで聴…

音楽の価値はラジオが教えてくれた

20代前半の頃、一回り以上年の離れた人たちとバンドを組んでいる。音楽の趣味が合うからであったり、無理のないスケジュールで練習やライブをできるからという大事なポイントをおさえているから活動は細々と続いている。 バンドのメンバー(以外、親しみを込…

秋の空にはthe brilliant greenの曲が良く似合う~オススメ5曲~

はてなブログを始めてから、はてな内で割とコミュニケーションをとりやすい環境にいる中であまり積極的ではない自分がいる。仲良くなる方がいてもいいし、お互いのブログを行き来(何人かいらっしゃいますが)するような方がいるのもブログの楽しみ方の一つ…

何かが始まる…とドキドキさせてくれるオープニング曲~洋楽ロックを10曲~

アルバムを聴くときによっぽど目当ての曲がない限り1曲目から聴くのではないだろうか。特に新作を手に入れてからアルバムの1曲目を聴いてそのアルバムのイメージが始まり、歌が始まるまでのイントロで気分は盛り上がり、歌が入ってさらに盛り上がる。 そうい…

ライブ版の魅力を教えてくれたのはMR.BIG~名曲「Green-Tinted Sixties Mind」で見るライブとその変遷~

ライブ盤の魅力をMr.Bigの名曲「Green-Tinted Sixties Mind」を通して示してみる。

大御所の新作に求めるものは何か

残業で23時ごろ帰り道をiPodを聴きながら歩いていた。その時はiPodを全曲シャッフルにして何が出るかな状態で音楽を楽しんでいたのだが、Slayerのライブ盤『Decade of Aggression』から「Born of Fire」がかかった。「Born of Fire」自体はSLAYERらしいレッ…

2016年の今だから聴きたい2010年代の日本のロックバンド

2016年の今だからこそ聴きたい、勢いがあってこれからさらに伸びるであろう日本のロックバンドを紹介する。

音楽の鮮度とミュージシャンの旬

以前、こんな記事を書いたことがある。 言いたいことはちゃんと書いてあり、タイトル通りの内容。 dankantakeshi.hatenablog.com とはいえ、音楽には鮮度があり、ミュージシャンには旬があり、その最高の時期を超えてしまうと価値が下がってしまう。 じゃあ…

ドライブデートをして感じた音楽の大事さともっと大事なこと

ドライブデートをしてきたので、音楽の大事さともっと大事なことを考えてみた。

自分のiPod・iTunesでの音楽運用~適切な曲を好きな時に聴くために~

自分が行っているiPodとiTunesを使用した音楽運用術を紹介する。

2016年上半期自分がパワープレイしたオススメ曲10曲

2016年上半期にパワープレイした曲10曲をエピソードとともに紹介する。

2016年上半期自分がパワープレイしたオススメアルバム10枚

2016年パワープレイしたアルバムを厳選して10枚紹介する。

2016年に出会ったハードロック・ヘヴィメタルがあまりにも良かったから紹介したい~2012年以降おススメHR/HM 9枚~

2012年以降に発売されたハードロック・へヴィメタルのオススメ9枚を紹介する。

知らぬなら知らせてみせようレキシさん~池田貴史の名曲の無駄遣いとオモシロイ歴史~

レキシこと池田貴史の魅力とその音楽のオモシロさを紹介する。

いい音楽を求めていったらHoward Bensonがプロデュースしていた~Howard Benson ベストプロデュースアルバム11枚+1~

Howard Bensonプロデュース作品の中から11枚+1を紹介する。